アイデアがどんどん思いつく!?おすすめのペンとメモ帳を紹介!その名はHINGE

アイデアがどんどん思いつく!?おすすめのペンとメモ帳を紹介!その名はHINGE

2020-04-28
THINGS

文房具マニアってほどでもないけど、自分にしっくりくる文房具をいろいろ探して今に辿り着いている。
今日はメモ帳とペンの紹介するよ。

たかが紙とペン。そこらへんにある適当な裏紙と、どこでもらったかも覚えていないなにかの企業のロゴが入ったボールペン。確かにそれで事足りるし、そのこだわりのなさもまたいいかもしれない。

でも、いろんなものを試し選び抜いた自分にとってのお気に入りの紙とペンを使ったほうが、いいものが生み出せそう。そう私は考えています。

メモ帳

まずはメモ帳を2商品紹介。というかひとつはファイルなので実質1商品です。

HINGE A4 BLACK

読み応えありの説明はこちら。作者の気持ちはこちらからにするとして。私の主観をば。

この商品の特徴をあげるなら、

  • 専用リフィル不要でコスパ最強
  • シンプル

リフィル不要

なんといってもこの商品は専用のリフィルが不要。A4のコピー用紙があればいいのです。こういうどこでも入手可能な代替品があるってポイント高いです。

確かにロディアとかモレスキンとか高級メモ帳のほうが書き味もいいし使っててテンション上がるんですが高級ゆえにコスパが悪い!これ1ページ何十円か・・・なんて思っていると気兼ねなくメモがとれなくなります。その点HINGEならコピー用紙があればOK!コピー用紙なんてめちゃくちゃ安いしオフィスにあるのはもちろんのこと、コンビニとかでも手に入るのでもしメモ用紙がなくなってもすぐ補充できる安心感があります。

これが専用リフィルが必要とかとなるとそうはいかないですよね。売っているお店は大型の文房具店とかと限られてくるだろうしそしてきっと値段も高い。やっぱコピー用紙ってコスパ最強ですね。

シンプル

とにかくシンプル。ペンホルダーのための穴と用紙ホルダー。紙の止め方も本当にシンプル。紙に穴を開ける必要もないし、挟むだけっていう留め具の機構も本当にシンプル。紙とペン。フタを開けばすぐ書ける状態になる、この極限までのシンプルさ。まさにメモをするために特化した道具って感じがして使い心地がいいです。

色は白と黒の2色あります。私は黒にしました。ちなみにサイズもいくつかあります。

ただメモが溜まってしまうとちょっと保管が煩雑に。クリアファイルにいれてもいいんですが、何枚も紙を入れると内側にある紙は見るのが難しく、見返すたびにいちいちファイルから全部取り出して一枚ずつ確認していくのは面倒だしバラバラするし・・・と困っていたところ

なんと保管用の商品もあったのです!その名も

SLIT

SLITの説明

こちらも本当にシンプル。HINGE同様に紙に穴を開ける必要もなし。SLITに紙を挟んでトントンとするだけで綴じられます。めちゃくちゃ簡単。冊子みたいになるので、バラバラとめくりなからメモを確認することも可能です。ほんとこの製作秘話みたいなのも読んでいておもしろいですね。

ペン

HINGEにセットして使っているものを二つ紹介。普段は万年筆もよく使うんですがそれはまた改めて紹介しますー。

uni-ball AIR 0.5mm

HINGE使うにはキャップ式のペンがいいってことで購入。サラサラ書けます。油性特有のインクがでなくてガリガリやっちゃうというのがなくていいです。

無印良品 ゲルインクボールペン 0.38mm

油性だとインクが出なくなってイライラすること多かったので購入。けっこうメインで使ってました。こちらもさらさらと書けます。けど、乾くのに少し時間がかかるのと、裏移りしやすいのが難点。

ちなみになぜ今はメインで使っていないかというと、まとめ買いした替え芯がなんと油性!なかなかインクを使いきれずにそのままあまり使う機会がなくなってきました。ケアレスミスには要注意ですね笑。