書くことは頭の中のモヤモヤをスッキリさせる第一歩

書くことは頭の中のモヤモヤをスッキリさせる第一歩

COLUMN

なぜ書くか。情報発信をする意味なんてあるのか。

SNSでもそうなんだけど、こうやってなんかしら情報発信をしているとこれってやってて意味あるのかなとかそもそもなんで始めたんだっけとか、だんだんわからなくなってくる。

でも書くことは大事。なんで大事なのか。その辺について考えてみたいと思う。

なぜ書く?

全然関係ないけど辞書登録で「かく」に「確認お願いします」を当てているから「書く」と変換しようとすると「確認お願いします」がさきに出てきてしまう。職業病。いや、自分で設定しただけなんだけども。

そうなんだ。「書く」ということは「確認お願いします」のことなんだ(ちなみにいま毎回「かく」の変換を変えないとなのですごい書きにくい笑)。

と、たまたま起きたことを無理やりこじつけてみたわけなんだけど、あながち間違いじゃなくて。

書くことってやっぱり自分の考えや気持ちの確認や認識をする作業なんじゃないかなと思います。

自分の気持ちを認識する

書くことは頭の中のモヤモヤをスッキリさせる第一歩
いつの間に頭の中を支配しているモヤモヤとしたもの。私はついついいろんなことを考えてしまう性分なので頭の中をモヤモヤに支配されがちです。

身近に起きた出来事に対してのなんとなくの考えだったり、映画や本、音楽を聴いた感想だったり。ちゃんとカタチにはできないけどなんとなく考えがある状態。

そのモヤモヤをモヤモヤの状態にしておくのは気持ち悪いしもったいないです。モヤモヤってことはやっぱり自分の中でなにかしら引っかかる部分があるわけで。それは疑問だったり反論だったりとか。いわば自分の主張のタネみたいな。

せっかくならそれをある程度きちんとしたカタチにしたほうがいいのです。なぜなら、カタチにする(アウトプットする)ことで自分がどういうことを考えているのかがわかるようになります。そして、他の人に対しても自分はこういうことを考えている人間ですとアピールすることができるからです。

実際書いてみると自分でも思わなかったことに気付づことができます。

例えばこの文章。いまこれは毎週末ブログを更新しなきゃー、でも書くネタないしなんか思いついたらいいかって散々先に伸ばしにしてきた結果、このままじゃまずいと思いちょっとずつでもいいから週末なんかしらブログを書くことにしようと思い立ち書いています笑。

何が言いたいかというと、いまこのブログを書いていること自体、思考の整理がされていて自分でも気づかなかったことに気づかされるのです。だってこんなこと書くつもりないのになんか勝手に書けています、不思議。

なんでもいいからその思いをカタチにしてみる

頭の中がモヤモヤでいっぱいになったらそのことから逃げたりしないでアウトプットしてみるのがおすすめです。別にブログにしたりSNSに投稿しなくてもいいです。紙にバーっと書くだけでも全然ありです。そうすることで自分が何に対してモヤモヤしていたのかがわかってきます。

するとモヤモヤがちょっとずつクリアになっていくし、自分でも新たな発見に繋がります。

とりあえず紙とペン。まあなんでもいいんだけど私はこういうときHINGEがおすすめです。

おすすめのペンとメモ帳を紹介!TENTのHINGEに惚れました

アイデアがどんどん思いつく!?おすすめのペンとメモ帳を紹介!その名はHINGE

文房具マニアってほどでもないけど、自分にしっくりくる文房具をいろいろ探して今に辿…
www.develooop.com